レイクALSAは無利息で借りれる?キャッシングの無利息期間とは?

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みではレイクALSAのサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行とレイクALSAが大きく違う点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行法とは異なります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で銀行の金利とレイクALSAの金利を比較した場合、通常はレイクALSAの金利の方が高い場合が多いです。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるためあながちレイクALSAのほうが高金利であるとは言い切れません。

参考:レイクALSA無利息で借りれる?無利息期間の活用法【どうやって利用する?】

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

主な審査時間の長さは債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利で審査時間が早いといった理由があげられます。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

普通、レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますがレイクALSAの場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

レイクALSAのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど審査時間が短く利用することができます。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で審査時間が短くお金を借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査時間の短さは優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合レイクALSAの方が各段に上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。