白髪染め加齢による白髪なら?

白髪は、年齢を重ねるごとに増えていく老化現象のひとつです。
白髪は見た目の年齢が高く見られる要素になってしまい、どうしても老けて見られます。
ということは、白髪を目立たなくするだけで若く見られることになります。
それでは、具体的な白髪対策についてお話していきたいと思います。
まず1つ目として、白髪を目立たなくすることです。
白髪を染めることにより、見た目からなくしていきます。
白髪がまだそこまで多くない方は、ヘアマニキュアがおすすめです。
これは、白髪部分を狙い撃ちして染めていくものです。
気をつけておく点は以下のとおりです。
・純粋なヘアマニキュアと白髪染め用ヘアマニキュアは異なります。
通常のヘアマニキュアは、髪をコーティングするのみですが、白髪染め用ヘアマニキュアは、白髪染め剤とコーティング剤が混合された商品であることが多いです。
通常のヘアマニキュアでは、白髪がきれいに染まらない場合があるので気をつけてください。
白髪がある程度目立ってきている場合には、ヘアダイによる白髪染めがおすすめです。
髪の外側をコーティングするヘアマニキュアと異なり、まず髪の色を脱色してから内部にカラー剤を浸透させていく染め方になります。
白髪染めの効果が高く、持続期間も長いことが特徴です。
・染めた後の色の変更は難しいカラー剤で色素を定着させますので、一旦ヘアダイで染めた後に違う色ですぐ染めるといったことは難しいです。
・髪や頭髪を傷めやすいかなり強い薬剤を使うので、髪や頭髪にダメージを与えてしまいます。
2つ目は、白髪染めをした後のケアが大事だという事です。
せっかく行った白髪染めを長く持たせるために、白髪染め(カラー)専用のシャンプーをおすすめします。
カラー専用シャンプーは、染めた後の髪を正常の状態に戻す働きがあるため、髪のダメージ回復や色持ち効果が期待できます。
白髪染め剤でダメージを受けた頭皮の回復や、細胞の活性化による白髪防止にも役立ちます。
白髪を染めること、染めた後のケアを一緒に行うことで、より高い効果が期待できると思います。