プロミスを借りたときどうでしたか?口コミと評判をチェック

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時の強い味方がプロミスのカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

消費者金融のプロミスというのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料という消費者金融のプロミスが多いですから銀行カードローンよりも便利です。

レディースローンを用意している消費者金融のプロミスも多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。

プロミスのカードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のプロミスのカードローン申請の主流です。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレカなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融のプロミスには貸金業と言う法律があり銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融のプロミスを利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

ローンを組むことができる金融機関には以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近頃は銀行でもプロミスのカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

プロミスなど消費者金融とはお金を貸すことによって発生する利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

消費者金融のプロミスの金利と銀行金利を比較してみると消費者金融のプロミスの金利の方が高いことが多いと思います。

しかし、中には消費者金融のプロミスよりも金利が高い銀行カードローンもありますからまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングと銀行のプロミスのカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のプロミスのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行プロミスのカードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

消費者金融のプロミスのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。プロミスを借りてみてよかったという方と悪かったという方の差はこの辺りにあるようです。

参考:プロミス借りてみてどうだった?【私のプロミス借入体験記】

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規プロミスのカードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融のプロミスの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのプロミスのカードローンです。

消費者金融のプロミスのキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、消費者金融のプロミスの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融のプロミスにあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融のプロミスのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

しかし、プロミスのカードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

現在の消費者金融のプロミスには怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。